成人式で振袖を着るのはいつから?その歴史を解説

公開日: : 未分類

成人式といえば女性の定番振袖着物、と言われてしまうほどに定着を見せている成人式における着物着用ですが、そういえば成人式に振袖を着るようになったのはいつ頃からでしょうか?

近年着物を着る機会は大きく限られており、成人式自体着物の中でも振袖を着る数少ないチャンスでもあります。

最近は少しその希少さからもっと日常的に着てみようという流れも生まれているようです。

しかし着物自体の歴史を知っている方は実はそれほど多くはありません。

別段知っていなくても着ることは出来ますが、せっかくの歴史のある日本伝統の衣装ですからその歴史を知ってより深く理解するのも良いのではないでしょうか?

今回はそんな着物のひとつ、成人式振袖がいつから着られるようになったのかについて見てみましょう。

成人式自体の歴史は意外と短い

人が成人したことを祝う儀式自体はかなり昔の時代から存在していますが、実は成人式という呼称、あるいはその原型となったもの自体の歴史はそれほど長くはありません。

元々の成人を祝う儀式を知るには奈良時代以降のあたりまで遡ることになります。
当時数えで12~16歳の男子が行った元服、女子には裳着・結髪といった通過儀礼の儀式がありました。

こういった儀式が成人式の根幹にはあるのではないかとも言われています。

現在の成人式の形となったのはわりと近代、第二次世界大戦敗戦後間もなくの時期です。(昭和21年)

この頃敗戦により街の若者の雰囲気や街の空気はとても暗いものでした。
そんな次の時代を担う若者に希望を持ってもらうために執り行われるようになったのが「青年祭」と呼ばれるものです。

この青年祭の中で行われた「成年式」と呼ばれる項目が後に全国へ広まり、現在の成人式の姿に変化していくことになります。

いつ頃から成人式で振袖が着られるようになったのか

実際にいつ頃から成人式において振袖の着物が着られるようになったかについては正確なことはわかっては居ません。

記録を調べてみると昭和30年頃には洋服と着物女性が混ざっている様子が記録されていました。

昭和33年頃には晴れ着コンサートのようであると報じられており、この頃には成人式には振袖着物ということが定着していたようです。

なぜ成人式に振袖を着るのか

振袖着物が成人式で着られる理由で大きなものは振袖が未婚女性にとっての第一礼装であるという理由があります。

また振袖自体発症は江戸時代の舞子が発症ですが後々当時からも未婚女性の正装として扱われるようになります。

成人式はとても賑やかな雰囲気ですが実はフォーマルな場なので格式の最も高い場となります。

そのため新成人の女性が着る第一礼装として振袖が着られることになっています。
(振袖は未婚女性が着るものなので成人式までに結婚していた場合は留袖を切る場合もあります。)

振袖の歴史

振袖の原型となったのは子供が着る小袖と呼ばれる着物です。
江戸時代の子供が着ていたもので一定年齢で大人になったとみなされると袖を短く切って留袖とする風習が当時よりありました。

1800年代に入ってくると帯の幅が広がり留袖振袖どちらでも扱いやすい帯となりおしゃれとしての着物を楽しむようになってきました。

最初にそれを行い始めたのは当時の舞子であると言われています。

この頃の舞子が振袖を使って愛情表現を行うようになり、一般市民の女性がそれお真似するようになり振袖の袖を使う愛情表現が大きな流行りとなります。

このため振袖は未婚女性が着るものとして定着していきました。

恋愛表現で振る振られるという言葉がありますがこれも大元は女性が振袖を振って愛情表現していたところから来ていると言われています。

関連記事

no image

成人式に着ていく振袖は普通の振袖の使いまわしではダメ?

一生に一度の成人式、この晴れ舞台を彩るのに相応しい成人式振袖ですが、この振袖はここ一回限りだけで他で

記事を読む

no image
成人式に着ていく振袖は普通の振袖の使いまわしではダメ?

一生に一度の成人式、この晴れ舞台を彩るのに相応しい成人式振袖ですが、こ

no image
成人式で振袖を着るのはいつから?その歴史を解説

成人式といえば女性の定番振袖着物、と言われてしまうほどに定着を見せてい

→もっと見る

PAGE TOP ↑