成人式に着ていく振袖は普通の振袖の使いまわしではダメ?

公開日: : 未分類

一生に一度の成人式、この晴れ舞台を彩るのに相応しい成人式振袖ですが、この振袖はここ一回限りだけで他で使いまわしてはいけないのでしょうか?

近年成人式で女性と言えば着物、特に振袖を着るのはほぼ定番となってきていますね。
今となっては着物自体、着用するチャンスはなかなか無く、さらに振袖となるとその機会は減ってしまいます。

それだけに成人式で着た振袖はここ一階限りで他で使い回すこともできずにタンスで眠ることになってしまうのでしょうか?

ちょっと見てみましょう。

成人式振袖は使い回しOK!

いきなり結論からになりますが成人式振袖は使い回し可能です。
せっかくの綺麗で華やかな振袖、使わないなんてもったいないですからチャンスがあればジャンジャン使っていきたいところです。

着物には種類が色々ありますがそれぞれに格が設定されており、TPOをわきまえていればその場に合わせて着ることが出来ます。

もちろん成人式振袖も例外ではありません。

振袖は未婚女性の第一礼装

振袖着物の格は最も高い第一礼装に属しています。
このためどれほど格式の高い場やパーティーであろうと着ることが可能です。

とはいえ注意しなければいけないのは「未婚女性」であることが条件となる点です。
基本的に振袖は未婚女性が着るもので、結婚した後は留め袖を着るのが通常です。

また未婚とは言え着用する年齢的にも30歳までくらいがギリギリと思った方が良いではないでしょうか。
(明確な決まり事ではありませんが、周囲の目が辛くなってきます)

成人式振袖の使い回し例

では具体的に成人式振袖を使いまわせるシーンはどのようなものがあるか見てみると一番多い例としては結婚式が挙げられます。

成人式後の年齢であればすぐに結婚する方の結納、または友人知人の結婚式への参列することが多くなると思います。

このような場面には振袖で出席するのにうってつけと言えるでしょう。

ただ気をつけたいのは成人式用の振袖にはとても派手なものがあり、あまりに派手過ぎるものは結婚式での参列には向かないという点です。

結婚式で花嫁より目立ってはいけないという話は聞いたことがあると思いますが派手すぎると花嫁より目立つことになってしまい大変失礼になってしまうためです。

また、結婚式といえば花嫁も振袖を着ますが結婚式用のものは成人式用のものとは別のものなのでそのままでは使い回しはできないと思っておいて良いでしょう。

結婚式用は引き振袖と呼び、仕立て直しが必要となります。

その他の使い回し例

結婚式関連以外にも成人式振袖を使い回せるシーンがいくつかあります。

そのひとつに卒業式があります。
成人式の年齢はまだ大学や専門学校に通っているならば卒業式が控えている場合もあります。

そのとうな方にとってはまだ振袖を使いまわして着るチャンスがあります。

卒業式と言えば着物に袴というスタイルが多いのですがこの着物として振袖を着用、さらに袴を合わせるといった使い方が可能です。

または袴を合わせずにそのまま振袖でも良いでしょう。

さらにもうひとつ、初詣があります。
日本の伝統行事でも一番和服が似合う場なのでそのまま使いまわして行くことが可能です。

早めに用意ができるなら初詣で振袖を着た後に成人式でもそのまま着るというやり方でもよいのではないでしょうか。

結婚したあとの振袖は?

成人振袖は未婚女性が着る着物ですが、それでは結婚したあとはどうしたら良いでしょうか?

いくつか活用法がありますがひとつは袖を短く切り詰めて訪問着として仕立て直すというものがあります。

訪問着であれば既婚女性でも着ることが出来ます。

ただ、袖を切り落とす関係上柄の入り方によっては訪問着としてはおかしくなってしまう場合や柄自体が訪問着に向かない場合などがあり、注意が必要です。

その他、大事に保管して自分の親族や娘さんに譲るという活用方法もあります。
着物は管理や保管をしっかりしておけば100年はもつとも言われています。

大事に扱うことで代々引き継がれる家族の絆としても活用できるわけですね。

関連記事

no image

成人式で振袖を着るのはいつから?その歴史を解説

成人式といえば女性の定番振袖着物、と言われてしまうほどに定着を見せている成人式における着物着用ですが

記事を読む

no image
成人式に着ていく振袖は普通の振袖の使いまわしではダメ?

一生に一度の成人式、この晴れ舞台を彩るのに相応しい成人式振袖ですが、こ

no image
成人式で振袖を着るのはいつから?その歴史を解説

成人式といえば女性の定番振袖着物、と言われてしまうほどに定着を見せてい

→もっと見る

PAGE TOP ↑